Cyber Stage

Diary

「泡沫に紡げ」7話目の公開をはじめます

10/6 金曜日の夜から「泡沫に紡げ」7話目の公開をはじめます!
長かった…もうすっかり気候も秋ですよ!秋!!!会社の帰り道にそれっぽい虫の鳴き声が聞こえますよ。

うたむげ7話更新予告

作画の勘をすっかり忘れてしまっているので&長時間机の前に向かえなくなっているのでもうちょっと描き溜めしてからGOしたかったんですが、冬になるとそれはそれで動けなくなってしまうので思い切ってはじめることにしました。

予告通り、最終話…だった話を分割して
7話→最終話(前編)→最終話(後編)の順で公開していきたいと思います。
10月から年末にかけて7話を仕上げて、年明けから最終話にうつれたらいいなという感じなんですが。
途中でコミティアが挟まるので年内に7話完成はきびしいかもとも思い…どうだろう…

色々とプラットフォーム的に不安なところはありますが、「泡沫に〜」はTwitterXで掲載をはじめているので最後までTwitterXで先行公開していく予定です。
最終話はとにかく長いので、区切り的にちょうどよいところまで描いたらサイトにも格納していきますね。


そして次の章(というか幻影の続き)は、どんな風に公開していくのがよいかなあとまだ考え中です。
描いたはしから公開するスタイルじゃなくてまとめて1話分描き切って同人誌先行公開型に戻すかもしれないし、まったく別のやりかたで公開するかもしれない。
心身に負担のないやり方がよいなと思っていますが、続きを描くことだけは確定していますので!

うたむげ最終話のネームを切りつつ、これが終わったらお話の展開的にどっちに舵を切ろうかなと迷っていました。
章として独立させることで翊羅に関するエピソード(&どこかで触れておきたかった『●●』時の描写)は描き切れたので、いっそのこと星亜サイドの空白期間を埋めていくかなあ…

最終章で描くつもりだったことにも、もう思い切ってどんどん切り込んでいったほうがいい気がしてるんですよね。
もったいぶってるとそろそろ健康寿命が尽きてしまう!(シャレにならない)
「幻影に〜」も章の終わり方は決めてあるんですが、あまり最初のイメージに縛られないように色々考えてみます。

◆◆◆

オフライン活動について。
2023年12月3日(日)開催の「COMITIA146」に申し込みました。
東京ビッグサイトの西ホール開催です。
秋ティアなのに12月開催…?って一瞬ざわめいたんですが(私が)、そういえば最近は11月の終わり頃に開催されることが多かったですもんね。

COMITIA146サークルカット

新刊はうたむげ3巻の予定です。
はたして更新をしながらイベントの準備ができるのか&重いものを持っても腰は大丈夫なのかちょっと心配ですが、できる範囲でぼちぼちやっていきたいなと思っています。


そういえば、来年はコミティア40周年なんですね!
そしてついにCOMITIA150…!

100回目の時には前のサークル名で参加したんだっけ…どうだっけ…
らくえれの準備号を出してたような気もするし、してないような気もする。(あいまい)
COMITIA200までにはシリーズが完結してるとよいなあと思いつつ、せっかくなのでまずはCOMITIA150に申し込んでみたいです。
スケジュール的に大丈夫そうだったら、ですが。

◆◆◆

近況です。
最近、S.H.Figuartsのボディちゃん&ボディくんを買いました。
…というか、買ったきり箱から出してなかったのを開封しました。

S.H.Figuartsボディちゃん1

スポーツEditionなのでちょっぴりムキムキしています。

S.H.Figuartsボディちゃん2

今は3Dがあるから人体の資料がほしいならそれでいいじゃん?って思ってたんですが、物理フィギュアだとマウスで操作しなくても直接ポーズを変えられるしアングルをぐりんぐりん回せるんですね…これはすごい…
そうか…リアルフィギュアって3Dなんだな…と思ってちょっと感動しました。(なにを言ってるんだろう?)

なんだろう。近年すっかり電子情報に慣れすぎてしまい、物理情報に感動するという謎の逆転現象が起きているようです。
現実って…リアルなんだなあ…(なにを言ってるんだろう??)(二度目)

いきなりこれで画力が上がるみたいな都合のよいことは起こらないと思うんですが、ずっと苦手だった座りポーズに対してちょっとだけハードルが下がった気がします。
手足の奥行きの圧縮をどうしたらいいのかがよくわからなくて、複雑なポーズを描く時に手が止まりがちだったんですよね。
苦手意識を減らすことができるのは大きい!…ので、買ってよかったな〜と思いました。
というかもっと早く買えばよかった!!!


と、そんな感じです。

最終話のネームに取り掛かりはじめてからあまりに先が見えなくて、「諦めるなら早い方がいいぞ…まだ今なら傷が浅くて済む……むしろ今だ!今、諦めないでどうするんだ!!!」みたいな心境になりかけていましたが、気づけばここまできてしまいました。
もう後には引けないので、覚悟を決めて先に進もうと思います。

体調や生活面の不安もありますが、漫画を描いていてもいなくてもどっちにしても不安はあるので、だったら悔いのない方を選びましょう。
人生は一度きりだ。

ここからは無心で…なんとかエンディングに向かって驀進していけたらいいな…いきたい…いくぞ…
いくぞーーーーーーーー!!!!!(咆哮)


 


スポンサーサイト



うたむげ最終話のネームが完成しました

ネームが!!最終話のネームが!!!!!
ついにできました〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

や…やった…
もう一生このままネームから先に進まないんじゃないかとすら思い始めてましたよ…

ざっくりした下描きくらいの絵は入っているので、サムネネタバレ防止のためにぼかしをかけてます。

うたむげ最終話ネーム完成

「次で最終話です!」と公言していましたが、話の流れ的にも分量的にも分割した方がスムーズに読めそうだったので
・7話…40P
・最終話(前編)…40P
・最終話(後編)…38P
に分けて、続けて公開していきます。
気持ち的にはもうここから一気にクライマックスで最終話モードなんですが…

いやでも、話数を増やしてサブタイトルをわけたのは結果的によかったんじゃないかなと思います。
最初の40ページだけちょっと毛色が違っていたし、ここでいったん一息つくことで最後の最後のエピソードを前に気持ちを切り替えることができる…はず!


しばらくは枠線やフキダシなどの準備&描き溜めモードに入るので、たぶん公開は10月頃からになると思います。
ある程度描き溜めをしてからGOしないとペースを保てないんですよね…主に健康上の理由で…(週末に集中して作画を進める関係で、そこで体調を崩してしまうとアウトなので)

まだ腰も完治してないので、無理せずなペースで進めていきます。
まだ治ってないの?って言われそうですが、治ってないんですよー!びっくり!
正確には、完治寸前のところまでいってちょっと油断して根を詰めたらぶり返して〜を繰り返しています。
同じ姿勢のままかたまってるとそれだけで悪化するので、座り作業で集中しすぎないように常にセーブしないといけないという、この…この…!!!

腰痛はほんとやばいので、みなさまこじらせないように気をつけてください…

◆◆◆

先日、自分にとっての「ネーム」がどういうポジションなのかを確認するために用意してみた画像も貼っておきます。

2023ネーム工程1

2023ネーム工程2

2023ネーム工程3

2023ネーム工程4

これでいう2〜3の工程で、数十ページ単位で破壊と再生を繰り返していて気が狂いそうでした。
一箇所修正するとそれが他の箇所に飛び火してあちこち修正が必要になってきたり補足が必要になってきたりするのは長編ストーリーものあるあるなんですけど、基本的にもう公開しちゃった箇所って修正できないんですよね。

なので、これから描く部分でどうにかして整合性をとっていくわけなんですけど、エンディング間近になると残りページ数の関係で修正できる箇所が少なくなってきて、同時に複数箇所をいじってバランスをとる限界パズルになるんですよ…!
あたまがばくはつしそうでした。


最終話のネームむずかしい〜って本格的に泣き言をいうようになってきたのは7月末からなんですが、実は6/12の時点で(6話目終盤を公開しつつ)すでにネームに手をつけていたので、ほぼ3ヶ月かかっていますね。
途中でサボってたとかネタ切れで手を止めてたとかじゃなくて、毎週末修正に修正を重ねてこれだけかかったので、本当に難しかったんです…
いやほんと考えすぎて吐くかと思いました、そのくらい難しかった!

◆◆◆

〜完〜 ってところまでネームを切ってみて…
描きはじめた時から感じていたように、この作品はおそらく決して万人向けの内容ではないと思うんですけど。
でも、少なくとも自分とどこかしら感性や感覚が近いところがある人には刺さる内容になっているんじゃないかなと……刺さる内容になって…なってくれたらいいなあ……(願望)

う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、どうなんだろう……!自分の中では最初から「こういう話です!」ってつもりで描き始めてて最後の最後まで「これしかない!」って終わり方で締めてるつもりなんですけど、今になって不安になってきました。
限界まで考えに考え尽くしましたが、こればかりは完成させて出してみないとわかりません。

創作物ってそういうものだよなあ…
自分の本音に正直になって作りたいものに向き合って、あとはそれを人に伝わりやすくするために全力を尽くすしかないんですよね。
このボールをキャッチしてくれる人が誰か一人でもいてくれることを願って、再びコツコツ描いていこうと思います。

もし途中でなんらかの事情で動けなくなったら…そのときにはネームの状態で読んでください。
ここまできたら、なにがなんでも最後までお届けしないと悔しくて成仏できないので!(必死)

 

終わらない最終話

アッハッハッハッハッハッハッハッハ
おわらない!おわらない!これおわらないよォ〜〜〜〜〜!!!!!!
(限界すぎるとテンション高くなる人間の見本)

うたむげ最終話ネーム

最終話が1話でまとまるなんて誰が言った?!
3倍!予定の3倍の分量です!!
しかも修正しながらまだ増えてる!!!!!(※ここから2ページほど足されました)

次回「終わらない最終話」デュエルスタンバイ!
来週も見てくれよな!


 

ゆるい4コマ

今週は更新を一週分おやすみしたので、ゆるい4コマを描くことができました。
ぴよぴよーーーーッ!!!
ぴよぴよちゃん4コマ

ちなみに、ぴよぴよちゃんはこの時のヒヨコです。
ふわふわちゃんにしようかぴよぴよちゃんにしようか少し迷いましたが、ふわふわだと色んなものと被りそうなので…(いやでもどっちにしても被りそう)



粲歌は毎日ぴよぴよちゃんの様子を確認しにいって、成長を見守り…
しだいにぴよぴよちゃんは大きくなり…
毛も生え代わり……顔つきもいかつく………アレッ?

劇的ビフォーアフターすぎてびっくりですよね。

ところで、前にも書いた気がしますがこの世界…『王国』では最近まで鶏を育てる文化がありませんでした。(食用の動物は育てていなかったので)
ありとあらゆる手段で薬(=食物)を手に入れないといけないことがわかり、野生のニワトリの先祖みたいな鳥をつかまえて増やしているところなのかもですね。
卵、食えるやんけ!って。

こちらのセキショクヤケイという鳥がイメージに近いかもしれません。
→ ニワトリはどうしてとべないの - 学研キッズネット

こども向けの化学コラム、わかりやすくておとなでも知らないことがたくさん載ってるので好きです。
おとなは…本当は知らないことだらけなのに、さも知ってそうなフリをしてなんとなく生きるすべを覚えてしまった悲しい生き物…(ポエミー)


ニワトリといえば、この記事もおもしろかったです。
ヨーロッパにニワトリが持ち込まれたのは意外に後の方だったんだなと!
「ニワトリ」はいったいどのように人類の歴史に影響を与えてきたのか? - GIGAZINE

◆◆◆

ついでにこれは、気圧の変化にやられて対策方法を探しているマオラ。

気象病マオラ4コマ

今年の5月、冗談抜きで気候に振り回されてたいへんでした。
気圧の変動があると、腰の痛みが…悪化するんですよ…

低気圧が近づくにつれて古傷が痛む現象って、要するに自律神経の働きが追いつかなくなるかららしいんですけど。
自律神経のバランスを整えよう!って一言でいっても、なかなか…なかなかむずかしいですよねえ。
最近は食事や運動や睡眠時間に結構気を使ってるんですが、それでもアバターの経年劣化には勝てないなあと真顔になることが多いです。

マンションだって築XX年だともう配管とかボロボロですしね…工事しても工事しても不具合は起きるもんなあ…(なんの話だ)

このままだとジャンル:腰の人間になりそうだし、周囲にも腰やら膝やらを痛めてる人が増えてきて関節痛オンリーイベントをひらけそうな勢いになってきていますし。
ノーモア腰痛!!!
なんとか…なんとか、生き抜いていきたいところですね。


腰をだましだまし描いてきた6話目も、あと15ページ!
ラスト11ページは一気に読んでほしいな〜って感じの流れなので、失速しないように描きあげていきたいです。

6話目ラスト15ページ

最後まで仕上がったらサイトにも格納しますね!
(本当はできたはしからアップできたらいいんですけど、ちょっとサイトの更新までは手が追いつかず…な感じなので)

◆◆◆

余談ですが、先日のカスタムキャストの記事に、着ぐるみダンス動画を貼っておきました。
腰痛と創作とカスタムキャストと私

直接動画を貼り付けたかったんですけど、ツイート埋め込み以外の貼り方がわからなかった…!!

わざわざ過去記事に飛んでもらうのも面倒な気がするので、ここにも貼っておきます。
(そんなに見て欲しいんですか…?!)(そうです)



私は…マオラと虹瑠におさ●な天国を踊ってもらう野望を諦めていないので…(?)







近況

感想フォームから「続きを楽しみにしています」ってメッセージくださった方、どうもありがとうございます!
まずはお礼だけでも〜と思ったので!!
描いたお話を読んでもらえること、本当に本当に嬉しいです。

しかしこう…5月って一年で一番気候が安定してて過ごしやすい月のイメージだったんですが、今年はなんかもうめちゃくちゃですね?!
寒暖差と気圧の変動が腰にくるんですよ…

あれから腰はよくなりかけたりぶり返したりの繰り返しで、これもしかしたら完治しないのでは?という境地にたどり着きかけています。
仕事もしてるし普通に生活してる分には平気なんですけど、長時間同じ姿勢で力をかけ続けてると痛くなってくるんですよね。
何年もだましだまし付き合い続けるはめになりそうだなあ。
初期の段階でいったん全て諦めて治療に専念しておくべきだったのだ…みなさんほんと気をつけてください。とほほ。


そんなわけで、机の前に座っている時間を最低限に保つ必要があるので今はイラスト描いたりはいったんストップして、本編の作画に全振りしています。
描きかけの絵もいくつかあるし練習したいこともいっぱいあるんですが、なにが最優先か?って考えるとやっぱお話の続きを描くことかなかって…
絵が描けないことよりも、物語の続きが紡がれないままでいることのほうが自分は嫌なんだなと思いました。

休み休みなのですごくスローペースですが、6話目も折り返し地点まできました!
ちょっと自分の感性(というか物語の感受性…?この内容からそういうものを受け取るのか〜という方向性…??)に自信がなくなりかけてて、後半の作画をしてる中で「自分の中ではこれしかない!って展開なんだけど、もしかしたら人には伝わらないやつなんじゃないだろうか…」とか迷い出してりもしてたんですが、もうそこはいったん最後まで描き切ってみないとわからないことなので最後まで走ります。

漫画もむずかしいけど、そもそも物語自体がむずかしいんだな…正解がないものはなんでもむずかしい。
目的にしているゴールが自分の中にしかない感覚的なものだと、なおさら。

ふわふわのピヨピヨ

めげずにいきましょう。ピヨピヨ。


ゆるいひよこネーム

ちなみにこれは、上のコマの元となったネーム。ゆるゆるです。
 

「泡沫に紡げ」4話目折り返しです

「泡沫に紡げ」4話目 〜おわりのはじまり〜
折り返し地点に差し掛かりました!



サブタイトルが不穏なのに加えて、よりによってなコマで引いてしまったので、いただいた反応に「ざわ…ざわ…」な気配を感じています。
いやまあでもこの世界、設定上どういうところに着地するかは公言されてますので…そこまで予想外のことは起こらないんじゃないかなと思います。
なので…大丈夫ですよ(?)

なお、うたむげ4話目は3章「幻影に望め」とあちこちがリンクしている回でもあります。
翊羅視点でのお話は、元々は3章「幻影に望め」の中編エピソードとして考えていたので接点が多いんですよね。

このあたりとか。

このシーンを描いたのって6年半前(!?)なんですけど、冒頭の放火についてもそう遠くないうちになにかがわかる…かもしれません。
もっとサクッといくつもりだったのに、(主に作画スピードの関係で)こんなに経ってしまった…!

自分自身、漫画内で具体的にどういう表現をしていたかもうだいぶ忘却の彼方になっているので「幻影に〜」を読み直していたんですが。
あ〜これは先に4巻を読んでくださった方にミスリードを招いてしまうかも…な点に気づいてしまったので、そこだけは直接補足させてもらうかもしれません。

自分だったら「わかった!これはアレのことだな!」って勘違いしてしまうかもしれないなって部分があって…中途半端に情報を伏せながら小出ししてしまったのが敗因なんですが。
いやそもそもそんな細かい情報覚えてないよってケースの方が多いと思うので、大丈夫だとは思うんですけどね!
色々と情報が絡み合ってくると、深読みの必要がないところにも関係性を見出せるようになってしまうのでむずかしいですね。
1章&3章は全般的に、情報の取捨選択に関して「やっちまったな〜」なポイントが多々あります。


4-4進捗-2022-06

折り返し回(の予定)である4話の中間地点まできたので、ここからはもううたむげ後半戦ということにしてもよいのではないでしょうか?
後半!後半ですよ!!終わりが見えてきた!!!(冷静な自分「そんなことはない」)

余談ですが、2〜3話は自分の中で「新世代爆誕編」という脳内サブタイトルがついていまして、それに対して4〜5話目は「●●●●RTA編」です。
特に4話目は断続的に場面が切り替わるのでちょっと落ち着かない回かもしれませんが、思い出した頃にでも読み返してもらえたら嬉しいです。

◆◆◆

いやしかし最近は気候の変化が激しいですね…
そのせいもあるのかないのかわかりませんが、ここんとこ特に回復力の低下がひどくて、平日の夜は仕事が終わった後にもうなにもできない〜って大の字になってしまうことが増えてきました。

いえ、もともとあまり体力がないのでただの老化のような気もしますが。
これまでにできてたことができなくなってくのって、地味にメンタルを削られますよね。

疲れがとれない

王国のみなさんの精神が心配です。(真顔)

というわけで、適度にペースを緩めないと生活が崩壊しかねないので今後もちょいちょいお休みを挟ませてもらうと思います。(とはいえ更新してない週末もコツコツ描き溜めはしてるんですが)
静か動かと言われたらどちらかというと静な章で、あまりアップテンポで読ませるタイプのお話じゃないので、ちょっとペースが落ちてもそこまで印象は変わらないんじゃないかなと。

漫画はね…完成まで走り続けないといけないフルマラソンみたいな感じなので…
なんとか倒れないようにやっていきたいですね!

今週の金曜から後半の公開をスタートするので、続きも読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくです〜!


 

 | HOME |  »

Calendar

« | 2024-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

最近の記事

よく読まれている記事

漫画用にiPadProを買いましたメモ

花粉症対策2019年まとめ

Categories

愛用してます [PR]

コダック [PR]

Monthly

レンタルサーバー [PR]